• トップページ
  • 藤田道場
  • 沖縄空手とは
  • 稽古内容
  • 体験談
  • イベント
  • ブログ
  • 体験入門
沖縄空手 その拳に源流の心を

沖縄空手とは?

沖縄空手道及び沖縄古武道は、沖縄古来の武術に中国より伝来した武術が合一し、沖縄の風土の中で独自の発展を遂げた武道であり、護身の術である。非力な人や女性でも科学的・道理的な稽古法を通じて技を実につけ、堂々と相手と戦うことのできる武道である。

一、空手道・古武道の起源

沖縄空手 空手道・古武道の発祥の地は沖縄である。空手の起源については、いまのところ定説はないが、空手が古くは「唐手」と記されたり、あるいは型の名称に中国語が多くみられることから、中国拳法を中心とした外来武術が沖縄に輸入され、沖縄古来の武術である「手(=ティ)」に吸収され、独特に発達を遂げたものであると推測される。それがいつのころかは定かではないが、琉球(沖縄の古名)と明(14~17世紀の中国の王朝)の間に貿易が行われるようになって以後のことと考えられる。外国貿易に従事した沖縄の人々にとって、海賊などから身を守るために武術を身につけ、鍛錬した心身を保持することは重要であったに違いない。

しかし、空手道や古武道が本格的に発展するのは、17世紀初頭、琉球が薩摩の島津氏の征服を受け、禁武政策(=反乱防止のため一切の所持の携帯を禁止する政策)が実施された後である。武器を持たない者が自己の生命や生活を守るために、自己の身体各部を武器とした徒手空拳の術(空手道)、身の回りにある農機具や工具、漁具または石や草木をそのまま武器として使用した武術(古武道)が開発されていったのである。

ページトップへ

二、空手道の「流派」

近年、空手道の普及に伴って「流派」は乱立気味であるが、もともと空手道には今日で言う「流派」はなかった。沖縄の空手は、首里城下を中心に首里手、泊村を中心に泊手、那覇4町を中心に那覇手が盛んであった。それらが昭和になって分派して、今日の諸流派の多くが誕生したのである。

首里手は、古くは「照林流(ショウリンリュウ)」とも呼ばれていたようで、「体力貧弱にして術に重きを置く痩方の者に適す」傾向が強い。それは中国拳法の二大流派のひとつ少林寺拳法(達磨禅師が開祖といわれる)の特色に類似しており、「ショウリン」という音からも、首里手が少林寺拳法の流れを汲んでいることが類推されるが、資料が乏しく断定できない。一方、那覇手は「照霊流(ショウレイリュウ)」と呼ばれていたようで、「体躯肥満にして体力豊富なる物に適す」傾向が強い。

現在、沖縄で盛んな流派としては、首里手から出た「小林流(ショウリンリュウ)」(松林・少林・少林寺流も同系統である)、那覇手から出た「剛柔流(ゴウジュウリュウ)」、明治になって中国拳法が再輸入されて成立した「上地流(ウエチリュウ)」が代表的なものである。加えて本土では、「日本空手協会(松濤館流=ショウトウカンリュウ)」、「和道流(ワドウリュウ)」、「糸東流(シトウリュウ)」などが有力である。

首里手の系統図
ページトップへ

三、小林流(ショウリンリュウ)について

小林流は、昭和8年(1933年)、知花朝信(ちばな ちょうしん)先生が命名し開いた流派である。小林流を生んだ城下町首里では、沖縄の歴史・文化・政治の中心地として栄えたため、数多くの武術家が輩出した。その中で、松村宗棍(まつむら そうこん)から糸洲安恒(いとす あんこう)そして知花朝信先生へと受け継がれた伝統的な空手道を、他の大家が伝えた流派と区別するために、首里手の意味で「小林流」を名乗ったのである。

第二代会長には志道館藤田道場館長である藤田信隆の師である宮平勝哉範士十段が、現在は第三代会長石川精徳範士十段が小林流の指導に当たられ、日本国内だけでなく、アメリカやヨーロッパをはじめブラジルやアルゼンチンなど世界各地で小林流発展のために精力的に活動されている。また、沖縄県内だけでなく県外や海外にも多くの支部道場や小林流に属する道場がある。

沖縄小林流空手道について詳しくはこちら

身体を鍛えたい・運動不足を解消したい方、護身術を習いたい方、美容を気にされている方、最近、お腹周りが気になりだした方、身体とともに精神面も鍛えたい方、仕事や休みの関係で定期的に通えない方、沖縄の歴史に触れてみたい方、無料体験入門・見学はこちら
ページトップへ